安定期はおなかも大きくなる頃、妊娠線に気をつけて

妊娠がわかった頃、つわりがひどくて体調も悪かったママも多いでしょう。妊娠五ヶ月の頃、安定期に入るとおなかの赤ちゃんもだんだん大きくなってきていて、ママの体調も一段落してきます。今までのつわりも少し落ち着いてきたと感じているママいるのではないでしょうか?この頃からだんだんとおなかも大きくなってきます。妊娠中はホルモンバランスが乱れ、肌の調子が悪くなりがちですが、忘れていけないのが妊娠線のケア。少し肌が敏感になっていても敏感な肌にも使える妊娠線予防クリームはあるのでしっかりとケアしていきましょう。

妊娠線はどうして出来るの?

妊娠線は、肉割れ、とも呼ばれています。妊娠しているとおなかの赤ちゃんの成長や体重の増加などで皮膚が急激にのび、その伸びに皮下組織がついていけず割れてしまうのです。

表皮は収縮しやすく、伸び縮みに対応できるのですが、表皮の下にある皮下組織はあまりのびることが出来ないため、お腹や体がのびた時についていけずに肉割れを起こしてしまいます。この妊娠線や肉割れは一度出来てしまうと、色が薄くなることはあっても二度と元の状態には戻ることがないといわれています。

妊娠線はお腹が大きくなり始める妊娠中期、妊娠後期に一番出来やすいといわれています。お腹が大きくなり始める頃から、しっかり保湿をして弾力のある肌を作っておくことが大事です。一度できてしまったら治ることがないといわれる妊娠線、しっかりとケアしていきましょう。

妊娠線はどうケアしていったらいいの?

妊娠線の予防で一番大切なのは保湿です。保湿されている肌は柔らかく弾力があるため肌の収縮に柔軟に対応できます。そして急激な体重増加はさけるようにしましょう。妊娠五ヶ月となると、つわりの辛い時期も終わり、食欲が出てくる頃でもあります。2人分だから・・・とついつい食べ過ぎてしまった、なんてことのないように。

急激な体重の増加で良いことはひとつもありません。適度な運動やストレッチを毎日の生活に取り入れるようにするなどして、急激な体重増加を防ぎましょう。

お風呂から出た後や寝る前はしっかりとおなかや体の保湿を心がけるようにしましょう。乾燥して肌が固くなっている状態だと、皮下組織が断裂を起こしてしまいやすくなってしまうので、柔らかくて柔軟な肌を保つようにしっかり保湿してマッサージすることがとても大切です。

妊娠線は一度出来ると治ることがありませんので、出来る前にしっかりとケアしましょう。