妊娠中にニキビができやすくなるのはなぜ?

妊娠すると肌が荒れ、ニキビもできやすくなります。どうして妊娠中はニキビができるのでしょうか?妊娠中はホルモンバランスの乱れなどから肌が荒れがちになりますが、産後体が戻っていくにつれ、肌トラブルも収まってきます。ニキビも産後良くなってくるので、強い薬をつけてケアするよりも、低刺激のスキンケア製品を使い、しっかり保湿をして跡を残さないようにしましょう。

体にニキビができてしまうことも

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加するためニキビができやすくなり、体にニキビができてしまうこともあります。ニキビは顔だけでなく、背中や腕、太ももなど汗がたまりやすい場所にもできてしまうので、なるべく清潔にして保湿を欠かさないようにしましょう。

妊娠中の肌は乾燥しやすく、そのことがにきびを作る原因にもなっているので、保湿効果のある刺激のない入浴剤などを使って体を温めることも効果的です。

ニキビができる原因

妊娠中にニキビができる理由は様々ですが、主な理由は、ホルモンバランスの乱れ、食生活の変化、便秘、睡眠不足などのストレスが挙げられます。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンがあり、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれており、皮脂の分泌を活発にするホルモンでもあります。このプロゲステロンは生理中にも多く分布つされるホルモンです。生理中にニキビができやすいと感じたことはないでしょうか?

妊娠するとつわりや胃の圧迫などで食生活が変化してきます。今まで食べていたものが食べられなくなったり、いつも同じようなものを食べていたりと栄養が偏ってしまいがちです。もし栄養が偏っていると感じたら、サプリメントや青汁などの健康補助食品に頼るのも良いでしょう。

そして妊娠中は水分不足になりやすいので、便秘にもなりがちです。ママの採った水分は赤ちゃんに栄養を届けるため血液になり、羊水になり、ママの肌への優先順位は下がってしまいます。そしてプロゲステロンの分泌も便秘の原因になっているのです。

このように妊娠すると様々な変化で肌に影響があり、ニキビもできやすくなってしまうのです。これらのホルモンや食生活の変化に加えて、妊娠中のストレスや睡眠不足などの悪要因が重なると肌もトラブルを起こしやすくなってしまいます。

妊娠中のニキビの対処方法

妊娠中のニキビの主な原因はプロゲステロンという女性ホルモンの分泌のせいですので、産後体が元に戻るにつれてだんだんと改善してきます。

妊娠中はニキビケアの強い薬を使って治すことよりも、跡を残さない方が大事。ニキビケアはなるべく敏感肌用の低刺激のものを選ぶようにし、便秘はひどいようであればかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。妊娠しても飲める便秘薬を処方してもらえます。

便秘薬が苦手なママは、普段の食生活でなるべく食物繊維を摂るようにしたり、腸の動きを活発する作用のある栄養素を摂るといいですね。

赤ちゃんを産んでしばらくするとホルモンの分泌もだんだんと正常に戻っていきますので、あまり心配することなく過ごしてください。潰したりして跡を残してしまわないようにしましょう。