妊娠線が出来る場所はどこ?

妊娠線や肉割れ。急激な体重増加やお腹の中の赤ちゃんの成長に伴う皮膚の伸びについていけずにできてしまうものですが、できるのはお腹だけではないんです。妊娠していると、お腹が大きくなるのでお腹に妊娠線が出来やすいと思いがちですが、お腹の他にも体のあらゆる場所に妊娠線が出来る可能性があるのです。

妊娠線が出来る場所

妊娠線が出来る場所はお腹だけでありません。お尻、太もも、背中、腰、二の腕、ふくらはぎ、胸などにも妊娠線は出来るのです。体の妊娠線は急激な体重増加が原因のこともありますので、体重管理をして、なるべく急激に太らないようにしましょう。

妊娠後期になると、赤ちゃんが産まれてくる準備をママの体も始めるので、胸が大きくなってきます。この頃に胸に妊娠線が出来てしまうこともあるのです。胸はあまり妊娠線が出来ないと思ってしまいがちですが、そんなことはないのです。胸も他の体の部位と同じように、妊娠線は出来てしまいます。

胸の妊娠線も、やはり一度で来てしまうと二度ともとには戻らないので出来る前にケアを始めることをお勧めします。

妊娠線が出来るのはほとんど見えない場所ですね。お尻や腰背中なども滅多に見せることはありません。ですが、妊娠線が出来る場所にはふくらはぎもあります。ふくらはぎはスカートを履くと見えてしまう場所。夏にノンスリーブを着る時には二の腕も見える場所ですね。

ふくらはぎや二の腕といったような見える場所は特にしっかりとケアをして行きたい場所です。

妊娠線のケア方法

妊娠線を予防するには急激な体重増加を避け、肌を保湿することが大事です。妊娠線はお腹に出来るものを思っていると、ついつい他の体の部位のケアを忘れてしまいそうになりますが、背中や腰、お尻、ふくらはぎや二の腕もお風呂上がりなどに保湿クリームは妊娠線予防専用のクリームで保湿しましょう。

妊娠後期になり、お腹も大きくなってくると手の届かない場所が出来てます。例えば背中やお尻、太ももなどは立ったままでは保湿クリームが塗りにくい場合もあります。そんな時は椅子に座って塗ったり、旦那様に手伝ってもらっても良いですね。お腹の赤ちゃんの成長も感じられ、良いスキンシップにもなるでしょう。

妊娠線が出来るのはおなかだけではありません。体のあらゆるところに出来る可能性があるので、保湿ケアをする時はお腹だけでなく、背中やお尻、太ももやふくらはぎなど、他に妊娠線が出来る場所もしっかり保湿してケアしていきましょう。