妊娠中にできるおなかにできるまっすぐの一本線の正体は?

妊娠してお腹が大きくなってくると、おなかの真ん中に一本の線が目立つようになってきます。このおへそを通る一本の線は正中線と言って本当は誰にでもあるものなんです。産後しばらくすると元に戻るので心配することはありません。

正中線とは?どうして妊娠中に出てくるの?

妊娠してお腹が目立ってくるとおへそから真ん中に一本線が目立ってくるようになります。これは正中線と言ってもともとは誰にも出るもの、生物ならあるものなんです。

茶色のような、黒ずんだしみのように一本でできる線は「妊娠線??」と思ってしまうかもしれませんが、これは妊娠線ではありません。

妊娠線は皮膚の伸びに皮下組織がついていけずに断裂してしまうもの。正中線とはもともとある線が妊娠しているせいで色素沈着により目立つようになってきているのです。

正中線は細胞分裂の名残と言われ、生物であれば必ずあるものです。心配する必要はありません。

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増加するのですが、このホルモンの影響で妊娠中は色素沈着しやすくなります。妊娠中にシミが増えたり、濃くなったりすることがありますね。これも女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが色素沈着の原因であるメラノサイトを活発にするため、黒ずみなどの色素沈着が起こります。

正中線のケア方法

正中線が現れるのは、妊娠中に分泌が増加する女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンがメラノサイトを活発にすることが原因です。正中線は妊娠線でもなく、病気でもないので特に気にする必要はありません。

赤ちゃん産んでしばらく経つとホルモンバランスも正常に戻り、体が元の状態に戻ってくるのと同じようにゆっくりと正中線も消えていきます。

ケア方法としては、色素沈着を起こさせているメラノサイトの活性化を防ぐ美白化粧品を使用することも考えられますが、妊娠中ですのであまり刺激の強い化粧品はおすすめできません。

しっかりと保湿して潤った健康な肌を保っていれば、出産後の回復も正常にしますので、妊娠中もしっかりとスキンケアは行いましょう。ただ、妊娠中は肌が敏感になっているので、敏感肌用の化粧品や天然由来の成分のもの、オーガニックコスメなどを使ってみるのも良いでしょう。

正中線は出産後にホルモンバランスが戻れば消えていくものですので、あまり心配しなくても大丈夫です。