妊娠中に乾燥しやすくなる肌、妊娠線は乾燥が原因でも出来る?!

妊娠中はホルモンバランスの乱れで、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥するとニキビなどの様々な肌トラブルを招いてしまいますが、妊娠線もそのひとつです。肌が乾燥して水分が足りず、皮下組織が固くなると断裂を起こしやすくなってしまうのです。

妊娠中の肌荒れ、乾燥の原因

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増加してきます。増加する女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロン。このプロゲステロンという女性ホルモンは卵巣から分泌され、主に妊娠初期に胎盤を作るために卵巣から分泌されています。

整理中にニキビが出来たり肌が荒れたりする女性が多くいますね。この生理中の肌荒れの原因はこのプロゲステロンで、卵巣から分泌されるプロゲステロンで肌が敏感になり、荒れやすくなるのです。

プロゲステロンは妊娠中、胎盤が形成されてからも胎盤から分泌されるので妊娠中に肌が荒れやすくなってしまいます。

さらに妊娠中は水分不足になりがちです。おなかの中の赤ちゃんに栄養を送るため血液量も増え、羊水もありますね。ママが摂っている水分は赤ちゃんのいる子宮に集められるのです。そのため、肌はいつもより乾燥しやすくなったり、便秘の症状が出てくるママもいます。

特に妊娠中は肌も敏感になるので使うスキンケア用品も刺激の少ない無添加のものなどを選ぶようにするといいですね。

肌の乾燥と妊娠線の関係

肌が乾燥すると、肌が固くなることを感じているママもいると思います。しっとりと潤っている肌は柔らかく弾力がありますが、乾燥している肌は硬くてしぼんでいます。

乾燥しているとこのような肌の状態になるため、皮膚が伸びた時に割れやすくなってしまうのです。妊娠線の予防に一番大切なのは保湿です。弾力があり、柔らかい肌を保つことで急激な肌の伸びにも対応できる柔軟な肌になります。

乾燥しているとのびに対応できなくなってしまうので、外側から妊娠線予防クリームなどでしっかりと保湿してあげることが大事です。皮膚が潤って弾力があれば、妊娠線はできにくくなります。できればお腹が目立ち始める妊娠5ヶ月頃には遅くともケアを始め、出産後1か月後くらいまで続けましょう。

妊娠線は妊娠8ヶ月、9ヵ月の赤ちゃんが急激に成長する時にできやすいと言われています。この時の急激な皮膚の伸びに対応できるよう、早いうちから弾力のある潤った肌を保っておきましょう。