できてしまった妊娠線、どう対処するのが良い?

妊娠線は予防をしっかりとしていても、できる時にはできてしまいます。妊娠線は約半数以上の女性にできると言われており、経産婦さんや高齢出産の方はさらに高い確率で妊娠線ができてしまうというデータもあります。できてしまったからと言ってあまり落ち込まず、続けてケアをしていくことで妊娠線は薄くすることができます。

できてしまった妊娠線、どうケアする?

妊娠線のケアを早くから始めていても、妊娠線ができる時にはできてしまいます。妊娠線クリームなどを使って妊娠線予防対策をしているママは全体の8割程。ほとんどのママが妊娠線予防対策をしていると言えます。

ところが、約半分以上のママに妊娠線ができてしまっているのが現実。しっかりとケアをしていても、妊娠線はできてしまうのです。だからあまり落ち込まないでくださいね。

妊娠線はお腹が急激に大きくなる、妊娠8ヶ月、9ヶ月頃に一番できやすくなると言われています。その頃から妊娠線予防クリームを塗ろうとしても手が届かない場所が出てきたり、赤ちゃんの成長である日突然妊娠線ができてしまうということもあります。

見えない場所も増えてくるので、出産後平らになったお腹を見て初めて妊娠線に気が付いたということもあるようです。

妊娠線を目立たなくさせよう!

もし妊娠線ができてしまっても、そこでやめてしまわず諦めないでケアを続けることが大事です。妊娠線クリームを使って妊娠線をケアしていたなら、もし妊娠線ができてしまっても、そこでやめずに妊娠中、産後1ヶ月後くらいまではケアを続けましょう。

妊娠線をこれ以上増やさないようする効果があるだけでなく、できてしまった妊娠線を薄くしていくこともできます。

妊娠線はできたころは毛細血管の色が透けて見えるため赤紫色ですが、その後白銀色に変化していきます。

妊娠線予防クリームは非常に保湿力が高いものばかりです。肌を保湿することにより、代謝が高まり肌のターンオーバーが促されます。新しい肌が生まれることにより、妊娠線は目立たなくさせることができるのです。

その他には、代謝をアップさせるために温かい飲み物を飲むようにしたり、適度な運動をしたりすることも良いでしょう。

どうしても妊娠線が気になり、早く消したい場合はエステや医療機関でレーザー治療などが効果的です。費用はかかりますが、クリームなど使った自宅での自然治癒よりも早い効果が期待できます。

ただ、レーザー治療も基本天気には「妊娠線を目立たなくする」ものなので、妊娠線を元のような状態することは難しいと言われています。「目立たなくさせる」ものだと考えるのが良いでしょう。

妊娠線は約半分以上の妊婦さんにできてしまいます。妊娠線ができても諦めずに保湿ケアを続けていきましょう。肌のターンオーバーが促されることで妊娠線は目立たなくさせることができます。色も赤紫色からだんだんと白銀色に変化していきます。